大阪警察病院付属人間ドッククリニック

マンモグラフィ検査とは - 大阪警察病院付属人間ドック

お電話でのご予約 大阪警察病院(別ウィンドウ) 交通アクセス

* 検査のご案内
*
コース案内
検査一覧
体から検査項目を見る
特色
*
HOME > 検査のご案内 > 体から検査項目を見る > 女性特有の疾患を調べたい方に > 乳腺エコー検査とは
乳腺エコー検査とは
乳腺エコーとは

超音波診断装置を使用し、乳房(主に乳腺)の状態を調べます。
マンモグラフィのようなX線を使用しません。また乳房の圧迫を必要としないため痛みはありません。
当ドックでは、30歳未満の高濃度の乳房(脂肪が少なく乳腺組織が密)の方には、乳腺エコーをお勧めしています。また30〜50歳の方には、より精度の高い検診のためマンモグラフィとの併用をお勧めします。

発見される主な疾患
のう胞・良性腫瘍・乳がんなど
以下に該当する方は担当技師にお申し出下さい。

,靴海蝓匹箋い砲覆襪箸海蹐有る方
∨胸術をされている方
授乳中の方

特徴的なエコーの画像
正常の乳腺

白く見えるところが乳腺、黒く見えるところが脂肪です。
加齢により乳腺が退縮すると脂肪組織に置換わり、画像に黒い部分(脂肪)が混ざって見られるようになます。
加齢が進むと乳腺は薄くなり白い線状になります。

良性の疾患
乳腺症画像

乳腺症

女性ホルモンの影響により、乳腺が多彩な変化を起こした状態で、乳腺は白い部分と黒い部分が 混ざり合って、ヒョウ柄のように見えます。

30〜40歳代に多く見られます。 不整な腫瘤像を形成する事もあり、 乳がんとの判別が重要となります。

のう胞画像

のう胞

内部に液体が溜まった袋のようなものです。真っ黒に描出され、乳腺との境界ははっきりしています。ひょうたんの様な形をしています。 乳腺症の方に見られることもあります。

病的な意義はありませんが、のう胞の中に腫瘤像(白い部分)がある場合は精密検査が必要です。

繊維腺腫

線維腺腫

20〜40歳代に多く見られる良性の疾患です。

境界がはっきりとした、灰色の腫瘤像が認められます。
扁平な形をしています。

乳がん
乳がん画像

乳がんは、日本人女性がかかるがんの第一位です。

40〜50歳代に多く見られます。

画像では、乳腺の中に黒っぽく写る腫瘤像があります。
また、乳腺との境界は、良性の腫瘤像が明瞭で平滑であるのに対し、乳がんの場合は境界が不明瞭で、不整です。

  • 未婚の方
  • 出産・授乳経験のない方
  • 初産年齢が30歳以上
  • 初潮年齢が11歳以下
  • 閉経年齢が55歳以上
  • 肥満がある方
  • 家族に乳がんの人がいる方

以上の方は乳がんが発生しやすいと言われています。

マンモグラフィと乳腺エコーの併用をおすすめします。

Back to top

*
*
Copyright(c)2009 OSAKA POLICE HOSPITAL DOCK All Rights Reserved. 個人情報保護方針