大阪警察病院付属人間ドッククリニック

特色 - 大阪警察病院付属人間ドック

お電話でのご予約 大阪警察病院(別ウィンドウ) 交通アクセス

* 検査のご案内
*
コース案内
検査一覧
体から検査項目を見る
特色
*
HOME > 検査のご案内 > 特色
特色
胃内視鏡検査(胃カメラ)と大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を自施設内で実施しています。

※いずれの検査につきましても、完全予約制となりますので、必ず事前にお申し込みください。

催眠鎮静剤(静脈注射)が使用可能です。

※内視鏡検査予約とは別途予約必要がとなりますので、必ず事前にお申し込みください。

当ドックではリカバリールーム(回復室)をご用意しているため催眠鎮静剤(静脈注射)を使用できます。これにより、個人差はありますが、多くの方は催眠状態を得ることで苦痛を消失もしくは軽減できます(但し全く効果を得られない方もあります)。検査終了後は催眠拮抗剤を注射します。拮抗剤を注射すると眠りから覚めますので、入院の必要はありませんが、当日は自動車、自転車、機械の操作などは控えてください。
以前に胃カメラや、大腸カメラで苦しい経験をされた方には適した方法です。

※アレルギーのある方は使用できませんのでご相談下さい。
※鎮静剤の副作用は頻度が少ないとはいえ存在しますから、積極的に投与するのはためらわれます。
心臓、脳、肺疾患などで治療を受けておられる方は、事前に必ず主治医に相談していただき、許可を受けていただきますようお願いいたします。
尚、許可のない場合は、検査をご受診して頂くことができません。

内視鏡ベテラン医師が行っています。
当ドックでは消化器内科医師が行っています。胃カメラ、腸カメラに多数の症例を手がけてきた内視鏡検査のエキスパートが施行・診断し、食事指導、内服治療のご提案をさせていただきます。
血圧、呼吸をモニターしながら内視鏡検査を行い安全には万全を期しています。
感染防止に努めております。
内視鏡検査で問題となるのが検査による感染です。当ドックでは、内視鏡の洗浄、消毒に関するガイドラインにのっとり、考えうる病原体の全てを消毒できる過酢酸という消毒剤を使用する事で、感染の防止に努めています

Back to top

*
*
Copyright(c)2009 OSAKA POLICE HOSPITAL DOCK All Rights Reserved. 個人情報保護方針